ほうれい線対策

使い方が特徴的なライズスキンパウダー

30代後半から40代ともなると、年齢肌が気になってきます。

 

 

年齢を示す目元の笑いじわやほうれい線、毛穴のたるみや透明感のなさなど、さまざまなことが気になってくるのではないでしょうか。

 

 

そんなときはコスメにスペシャルなものを加えて、これまでは必要なかったアンチエイジング対策を採ろうと考える人が多いと思われます。

 

 

そのコスメに加わるのが美容液ですが、通常、美容液は洗顔後、すぐにつける誘導型タイプと、化粧水などで肌を整えた後に使うタイプとに分かれます。

 

 

ライズスキンパウダーは、パウダーという名前が示す通り、珍しいパウダー状の美容液です。

 

 

ただし、指先にとってすくう時はパウダーなのに、肌に乗せると液状に変わるという画期的な美容液です。

 

 

ビタミンC誘導体の濃度が非常に濃くて、30%もあるということから、洗顔後の肌にすぐにつけてもよいですし、化粧水で保湿をしてから使っても、濃度の濃さから薄まることなくお肌にしっかり浸透していきます。

 

 

ニキビやニキビ跡、シミに毛穴に赤みといった気になるところにピンポイントで、指先にとったライズスキンパウダーを塗布していく事で、よりいっそう悩みにダイレクトにアプローチできるところが、もっとも大きな特徴になっています。

 


 

▲上へ戻る